脂肪の燃焼を促進する「ケトン体」とは~「ケトン体回路」と血糖値の関係~

「ケトン体」という言葉に関しては、一般的には聞きなれない方が多いと思われますが
こと生活習慣病・肥満に悩む年頃の方にとっては、非常に重要な意味を持つ物質と言えます。

ケトン体という言葉自体は、おそらく「ダイエット」に絡む話題において
その中でも「糖質制限ダイエット」に関する内容で耳にした、という方が多いと思われますが
それが一体どんな成分なのか、何にとって重要なのか、イマイチ分からない方もいるはずです。

ケトン体とは、

脂肪酸・アミノ酸が、不完全に代謝されることで発生する物質であり
また激しい運動や、過食によっても発生が促進される
ある意味で、老化を招くことになる「活性酸素」と似た存在と言えます。

しかしながら、”基本的にはマイナス”と考えられるこのケトン体ですが
”発生している状況”自体が、場合によっては体にとって「プラス」となることもあり
その発生が必ずしもよくないことである、とは言い切れない側面もあるのです。

「贅肉」が燃えている証

冒頭で挙げた通り、ケトン体とは糖質を制限することでエネルギーが欠乏した際
体内に蓄えられたいた、「中性脂肪」が燃えることでも発生します。

糖質制限ダイエットと呼ばれる、この減量法というのは
全てのダイエット法に共通することでもあります。

”体にたまっていた余計なガソリン”

すなわち「いわゆるぜいにく」を燃やすことで、減量が進むことになります。

主に「肝臓」に蓄えられている脂質(グリコーゲン)が、
分解されエネルギーとなることで、ブドウ糖の不足を補うことになります。

ケトン体は、この過程で発生する成分の1つであり「燃えカス」とでも言うべきものです。

糖質制限ダイエットと、「ケトン体ダイエット」は実は微妙に異なるものであり
糖質制限ダイエットの場合には、「今までより少ないブドウ糖の量」にする一方

ケトン体ダイエットの場合は、1日に摂取していいブドウ糖の総量を決める等
より細かい、厳しい設定を定めるものとされます。

「ケトン体回路」とは

ケトン体にまつわる話題の中では、「ケトン体回路」という名称が出てきます。

「ケトン体回路を作る」という表現をされることもあります。

このケトン体回路とは、難しい概念ではなく
ブドウ糖の次に燃焼されることとなる、脂肪の<着火>をする経路であり
ケトン体回路を作ることは、単に”エネルギーとなるブドウ糖を減らす”ことと言えます。

ただし言葉にするのは簡単ですが、ブドウ糖が不足した際には
脂肪を燃焼させる前に、体内でブドウ糖を作り出す現象である「糖新生」が起きるため
体質によってはこのケトン体経路が、なかなか”開通”しないことも考えられます。

特に、体内のブドウ糖の総量が多い「高血糖体質」の場合には
なかなかうまく脂肪を燃やすことができず(インスリンも少ないため)
これは、高血糖体質の人が痩せにくい原因の1つでもあります。

ケトン体の発生による悪影響

ケトン体とは、「発生することがいいこと」ではなく
発生しているということが、「減量」や「糖尿病対策」にとってメリットがあります

しかしながら、そもそもは「エネルギーの不完全燃焼」によって発生する物質の1つであり
その発生によって招かれるものには、デメリットとなるものも存在します。

体(口)臭の悪化

ケトン体の話題において、必ず挙げられるものが
「体臭の悪化」であり、特に「口臭」が強くなることが特徴的です。

この「あずっぱい」と表現されることもある、独特の臭いの正体は
「ケトン臭」と呼ばれるものであり、ケトン体を構成する「アセトン」という物質が原因です。

ケトン体は、基本的には「血液」に溶けるものですが
同時に「汗」にも混ざるものであり、発汗によって体臭が顕著になります。

更に「尿」に溶けだすことによって、排尿の際に臭うこと
また「心肺」は血液が密集する部分であり、「吐息」にも混ざりやすくなります。

デメリットは排出する

ケトン回路を作り出し、脂質を燃焼させる際にケトン臭の発生を避けることはできません。

そのため、発生してしまったもの・発生するメカニズムを
早く解消することが必要であり、代謝の向上が非常に重要になります。

  • 水分補給
  • 運動
  • 入浴
  • サウナ

これらを組み合わせ、特に入浴は汗を洗い流す行為であり
またそれ自体が発汗を促すことになるため、ぜひ意識して取り組むべきと言えます。

そして、ケトン体の発生を防ぐことを考える際に忘れてはならないことが

そもそもケトン臭が発生するような、極端なダイエットはよろしくないこと

この「ケトン体の発生が喜ばしい」とされる状況を作らなければよかったこと

つまり、そもそも肥満・高血糖にならないことが何より大切なことと言えます。