インスリンの分泌増やして働きをよくするために効果的な習慣~鍵は食生活と腸内環境~

当サイトでは、血糖値に悩む方におすすめしたい「青汁」を紹介していますが
日常的な栄養素の摂取の中心はやはり食事であり、一般的な食事で摂取できる成分の中にも
結果的に血糖値に対して、糖尿病予防に対して効果的なものがいくつか存在します。

注意点としては、食事には必ず「エネルギー」が伴うものであり
それがないからこそ、特別なアイテムの摂取がおすすめと言える理由でもあります。

基本的には、エネルギーを含む食材というのは
その全てが、血糖値を上昇する働きを持っています。

しかし血糖値を正常化するために、摂取すべき栄養素というものも存在し
意識して摂取することで、血糖値に関わる環境の改善につながるものと言えます。

毎日必ず繰り返す習慣だからこそ、継続的な予防につながるものである一方で
その摂取の際には、注意が必要なことも多いです。

日々の中でその内容にこだわることは、あらゆる病気の予防にとって大切であり
この血糖値へのアプローチとしては、やはり「インスリン」が鍵になります。

すでに高い数値となってしまった血糖値を”正常化する”ためには、
あらゆるアプローチが必要ですが、まずはやはり「食生活」から見直すことが必要です。

何よりの日常的な予防

食事による糖尿病予防は、常に血糖値ケアをできるから必須です。

体の健康を守るためには、”総合力”は欠かせないものであり
一点からではなく、複数のポイントから働きかけることが重要なことと言えます。

インスリンの働きを活性化させる「亜鉛」

まずは血糖値にとって最も需要な要素である、インスリンの分泌・機能からです。

インスリンとは「ホルモン」であり、ホルモン環境を正常に保つことが
何よりインスリンを取り巻く環境を、正常に保つことでもあります。

また糖尿病患者の尿中には亜鉛が多く含まれており、亜鉛を排出しやすい傾向があります。

このことからも、亜鉛はインスリンの代謝に特に関わる成分であると考えられています。

ブドウ糖の燃焼をサポートする「ビオチン」

血糖値を正常な値を超えて上昇させないためには
ブドウ糖の燃焼を活発にすることが、重要な要素と言えます。

ビタミンBの一種である「ビオチン」は、肉類から比較的要因に摂取でき
亜鉛と同じく、ブドウ糖の代謝を効率的に行うために必要な成分です。

基本的なエネルギーを摂取する、食事の際に取り入れることで
食後のエネルギー効率を、より高めることができると考えられる成分です。

亜鉛とビオチンを含む食材

亜鉛とビオチンは、同じ食材に含まれているものが多く
特定の食材を摂取することによって、効果的な対策につながる成分と言えます。

肉類/魚介類/チーズ・乳製品

鍵を握る肝臓をケアする「オルニチン」

”二日酔いに効く”として知られる「オルニチン」は、
実際にアルコールの分解を担う、肝臓の働きを活性化する成分です。

また、肝臓には中性脂肪(グリコーゲン)の貯蔵という役目もあります。

余分に摂取してしまったブドウ糖も、中性脂肪となって蓄えられることになりますが
肝臓が正常に吸収できなかった場合に、血液へと流れ込むことになります。

つまり肝臓が正常出ない状態というのは、血糖値が上がりやすいのです。

そもそも、中性脂肪となる余計なエネルギーを摂取しないことが重要ですが
もし過剰に摂取したしまった場合にこそ、肝臓が正常に働かなければならないのです。

※オルニチンを豊富に含む食材

しじみ/魚介類

血液を綺麗にする「ポリフェノール」

血液全体の健康を考えた際には、血液を綺麗にする成分をぜひ摂取したいものです。

「血液を綺麗にする!」という成分には様々なものがありますが
比較的多くの食材から摂取しやすく、また効果の大きなものが「ポリフェノール」です。

「抗酸化成分」としても知られるポリフェノールは、美容効果だけでなく
腸内における、基本的なブドウ糖抑制効果を持っています。

また、血糖値を上昇させるホルモンを抑制する働きもあり
二重に血糖値ケアができる、非常に心強い成分でもあります。

このポリフェノールは、様々なカタチをしていることが特徴であり
身近な食材に存在する、意外な成分も実はポリフェノールであることもあります。

※ポリフェノールを含む食材

  • お茶・・・「カテキン」として
  • ワイン・・・「アントシアニン」として
  • コーヒー・・・クロロゲン酸

以上は、あくまで一般的な食生活において摂取できる食材・栄養素であり

より有効な成分に関しては、特別なアイテムで摂取することがおすすめです。

衰えは避けられないからこそ負担を下げて補う

血糖値を下げるためには、”まずは上げない”という根本的なアプローチも大切です。

ここで大切なことは、「なぜ血糖値が異常(高く)になるのか」ということであり
その理由には、やはりインスリンが大きく関係しているのです。

インスリンが作れない・機能しないからこそ、血糖値が下がらないのです。

それを前提とした、インスリンを<補う>という考え方が
血糖値対策にとって、非常に重要なものとなってきます。

血糖値の上昇を抑えるということは、
見方によっては、インスリンの負担を減らすことでもあります。

これはインスリンを正常に保つためにも、非常に有効であり
”将来”のためにも大切な考え方です。

特に年をとってきた体は、まずはその負担を減らすことが必要です。

そして、インスリンの負担を減らすという考え方と同時に
<インスリンの働きを助ける>ことに関しても、血糖値を下げるために必要になります。

インスリンの力が弱まってきたのであれば、その力に代わるものが必要であり
その力を得ることによって、血糖値を下げる働きを補うことができるためです。

インスリンの働きが衰えているということは、
<うまく血糖値を下げられない>ということと同時に
<ブドウ糖をうまく使えない>という事態も招くことになります。

まさに、「代謝機能」の衰えと言える現象になりますが
その原因は、「腸内環境」の悪化であることが多いと言えます。

インスリンの分泌の要となる「腸内環境」

腸とは、様々なホルモン・代謝に関わる物質を分泌する組織であり
その中には、糖の分解に関わるものも存在します。

つまり、腸内環境を改善することもまた
ブドウ糖の分解を促進することから、血糖値対策にとって有効であると言えるのです。

単なる食事制限というのは、なかなかつらいものであり
反動で暴飲暴食してしまい、より悪い結果をもたらすことも考えられます。

また体内の代謝機能に関しても、定期的な刺激を与えることが望ましいと言え
本来は、”食事をしながら改善する”ということがベストなのです。

高血糖を改善するための働きかけの中で、現在の主流となっているコンセプトが
”そのそもの血糖値の上昇を防ぐ”というものであり、血糖値を下げる必要性を減らし
インスリンの負担を減らすことで、予防にもつなげることを目的としています。

そのための効果的な成分として、

  • サラシア
  • イヌリン
  • 難消化性デキストリン

といったものが注目されており、これらは脂肪の分解(ダイエット)にも効果的です。

脂肪の量が減ることによって、更にインスリンの働きを向上させることにつながるためです。

相乗効果によって、一気に糖尿病のリスクを減らすことができるのです。

このように、根本的な血糖値への働きかけとは
インスリンを守る・健康に保つことであると言えます。

そして同時に、このインスリンの働きを助けることもまた
血糖値の上昇を抑えると同じく、根本的なアプローチです。

また、体内にはインスリン以外にも数え切れないほどのホルモンが存在します。

そして、そのホルモンを実際に”働かせる”ための<指示>を与え
コントロールをしているのが「大腸」であり、インスリンに関しても例外ではありません。

そのため高血糖に限らず、内分泌ホルモンが影響している疾患への
最も効果的な改善策と考えられるものが、この大腸へのアプローチなのです。

大腸への働きかけとは、それほど難しいことではなく
まず最初に取り組むべきことは、<腸内環境の改善>になります。

これは”便秘の解消”といった最低限のことから、”善玉菌を増やす”ことまで様々です。

大腸(司令塔)が健康であることで、正常な指示を出すことができ
また代謝の活性化によって生成されるインスリンも、元気なものとなります。

またその1つ1つ(数え切れないほどであるが)の量・質に関しても
腸内環境が健全であればるほどに、高いものになります。

そのため、糖尿病サプリに関しても腸内環境にアプローチするものが増えてきています。

ここでは、一般的な食習慣の中に取り入れやすい腸内環境の改善成分から紹介していきます。

乳酸菌

腸内環境の改善は、インスリンの働きの向上に不可欠であり
まず最初に取り組むべき内容でもあります。

乳酸菌飲料・サプリが豊富な現代は、摂取が難しいことも少なく
手軽に生活習慣へと、取り入れることができる成分と言えます。

食物繊維

乳酸菌と同じく、腸内環境の改善によって
代謝のアップ・インスリンの分泌を促します。

脂肪の分解にも効果的であり、余計な脂肪の蓄積は
インスリンの分泌を阻害する要因でもあるため、
異なる角度から、同時に改善することにつながると言えます。

日常での摂取が難しい成分も

体質を変えることを目的としたサプリというのは
どうしても、<漢方的な>希少成分が多くなる傾向もあります。

ただし、一般的な食材に含まれる有効成分に比べれば
その効果は大きなものであり、取り入れていきたいことには違いありません。

ピニトール

血糖値を下げるためのその他の方法でも解説しましたが
インスリンの働きを助けるという、非常に大きな効果が見込めるため
最も意識して、積極的に摂取していきたい成分と言えます。

大腸とは”代謝の全てに関わる器官”である

腸内環境というのは、”代謝の終わり(排便)”ではなく
”最初から最後まで”に代謝機能に影響を与える、非常に重要な器官です。

”たかが便秘”が、高血糖の状態を招くきっかけとなっている可能性があり
また便秘解消だけでも、大きな効果を見込めることも珍しくありません。

日常的にできる”最も手軽且つ最も大きな働きかけ”と言えるものでもあり
まず最初に働きかけるべき、最も効率的な改善策でもあります。