血糖値対策のために「難消化性デキストリン」を摂取する最も効果的なタイミングとは

難消化性デキストリンを配合するアイテムは、
”摂取するタイミング”に関しても、非常に重要なものとなります。

難消化性デキストリンアイテムの、そのそもそものコンセプトは
<血糖値を抑える>というものであり、血糖値が上昇するタイミングである
「食事時」に摂取することで、最も高いパフォーマンスを発揮します。

そのため、空腹の時に飲んでも、それほど意味のないものと言えます。

気になる<ベストタイミング>は、ずばり「昼食中」であり
1日の活動サイクルを考えた際には、昼食・朝食に比べてより効果的と言えます。

難消化性デキストリンを「昼食中」に摂取すべき理由

まず、朝食時に飲むというのは、ちょっと”もったいない”かなと思われます。

というのも、1日の始まりに摂取するエネルギーは
一般的な生活をしていれば、必ず消費されるものであり
そもそも、「朝食を暴飲暴食する」という方は少ないはずです。

青汁というと、どうしても<朝飲む>印象が強いものですが
ここは我慢して、とっておきましょう。

次に夕食時ですが、そもそも糖質制限・ダイエットをしている人というのは
夕飯は軽く抑えるべきであり、実際にそうしている方が多いはずです。

そのため、それほど難消化性デキストリンを摂取する意味がないこと
更に、もともと少ないエネルギーを減らしてしまうのは
危険な場合もあることから、<昼食の次に優先>と考えましょう。

なぜ昼食時がベストかといえば、

  • ついつい食べ過ぎてしまうタイミング
  • エネルギーを消費する前に夕食を食べてしまう
  • 夕食前に感触をしてしまうリスク

以上のポイントが挙げられるためです。

また本来、難消化性デキストリンは「食前」に飲むことが推奨されており
それは、<糖の先回りをしておく>ためになります。

しかしながら、”先に青汁を一気飲みしてから食べる”というのは
なかなか馴染めないものであり、挫折してしまうリスクがあります。

こういったアイテムは、何より<継続>が大切です。

「飲み忘れない」という大切なポイントをカバーできる

挫折というのは、「嫌になる」こと以外にも<飲み忘れ>も含まれます。

難消化性デキストリンを配合したアイテムには、
粉状(顆粒)のものや、タブレット状のものも多く
一見手軽に見える一方で、飲み忘れのリスクが、高いものでもあります。

その点、「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は
<水に溶かす>という手間がありながらも、
「ランチの飲み物の代わり」といった、”必然性”があります。

また、小分けになっていることからも
意外と、それほど手間がかからないものになります。

一緒にランチをとっている「周りの目」も、少し変わるはずです。